株式会社荒川印刷 | ARAKAWA PRINTING

menu
加工技術・サービス

オフセット印刷

大量ロットの印刷物を鮮明に仕上げるのに最適な印刷方式

版とインクを利用して印刷内容を紙に転写する、今日の商業印刷におけるもっとも一般的な印刷方式です。
ベタ塗りが安定するほか、高解像度での出力が可能なため、文字の輪郭が読みやすくシャープに仕上がり、非常に細かい画像も鮮明に再現されます。

オフセット印刷を採用する場合、製作部数が多いほど1枚あたりのコストが割安になります。
サイズや印刷内容にもよりますが、一度に1000枚程度以上を印刷するときは、ほとんどの場合オフセット印刷が採用されます。
従来はフィルムを使用して版を作成していましたが、中間工程を省略しフィルムを用いず直接版を出力するCTP出力機の導入によって、従来よりも迅速で高品質なオフセット印刷を実現しています。

こうした特徴をもつオフセット印刷に対し、少部数・短納期の印刷に有利な「オンデマンド印刷」があり、出力内容によって適宜使い分けられます。

オフセット印刷機ではCMYKカラー印刷、モノクロ印刷、特色(調色)印刷、特殊インク(金・銀・透かし)を使った印刷、ニス引き加工が可能で、それぞれ適切なカラーマネージメントで品質管理を行っています。
当社では植物油から作られたベジタブルインクを使用しており、環境に配慮した印刷業務を行っております。

加工技術・サービストップへ