株式会社荒川印刷 | ARAKAWA PRINTING

menu
加工技術・サービス

バリアブル印刷

一部一部異なる内容をデータベースから自動出力

オンデマンド印刷機を使い、データにもとづいて1枚1枚違う内容を印刷する手法です。(variable=「可変」の意)

郵送物の宛名はもちろん、ナンバリングの入ったもの(チケットなど)、各種契約プランの案内や証書、ネームカード・名札、賞状など、バリアブル印刷は幅広い用途に応用が可能です。文字だけでなく、部分的に異なる絵柄を印刷する事も可能です。
DMなどの個人宛て広告物においては、過去の購入履歴や家族構成などをもとに、受け手の興味・関心に合わせた内容にすることで、より高い訴求効果を狙うこともできます。

当社はプライバシーマークを取得しており、個人情報は社内規定に基づいて適切・安全に取り扱っております
また印刷物の発送業務も承っています。製作から発送まで、一貫して当社にお任せいただくことで、お客様のご負担軽減に貢献いたします。

バリアブル印刷の例

テキストのバリアブル出力
文章中の一部分でも、テキストの差し込みができます。テキストの長さに合わせて文字間・行間等の自動調整が可能なため、原稿の文字数にばらつきがあっても、指定されたエリア内でのバリアブル出力が可能です。
画像のバリアブル出力
画像データも1部ずつ異なる内容を印刷することができます。写真は枠内に収まるようにサイズが調整されます。
バーコード・QRコードのバリアブル出力
郵便番号や会員番号などをもとにした二次元バーコードや、ウェブサイトへの誘導に繋がるQRコードをバリアブルで生成・出力することができます。

バーコード生成

QRコードやカスタマバーコードなど、様々な種類のバーコードを、送付先の会社ごと・お客様ごとに異なる内容で印刷することが可能です。
各種とも、必要なチェックデジットはいただいたバーコードナンバーをもとに自動で算出します。

  • 郵便カスタマバーコード
  • QRコード
  • JAN13
  • JAN8
  • ITF14
  • ITF6
  • ITF
  • NW-7
  • CODE39
  • CODE128
  • UPC-A
  • UPC-E

加工技術・サービストップへ